じゃるのブログ

ゆるふわコミュ障ド陰キャ みんなのウェディング じゃるのブログ

クックパッドのインターンシップ(サービス開発:総合職)に行ってきました!!

 クックパッド サービス開発インターン

 

 f:id:soccer1356abc:20150915195020j:plain

クックパッドのオフィスからの景色です。いい眺めだなぁ~。

 

9/7~9/11の5日間、クックパッドのサービス開発のインターンに行ってきました。選考のときからすごくお世話になった人事の方に「みんなブログ書いてね~!」と言われていたのを思い出したので書こうと思います。

実際、クックパッドと言うと、「料理の会社」と聞かれることが多いです。なので少しでも企業としてのクックパッドが読者の皆さんに伝えられたらいいなと思います!

ちなみにブログ書くの初めてなので読みにくかったらごめんなさい。

 

動機

主な動機としては3つですね。

1.どこでもいいからweb系の会社のインターンに参加してみたい

普段の僕は、web系の会社とはほとんど結びつかないような物理学科で物理のお勉強をしている大学3年生です。2年生の春休みに、「暇だからプログラミングでもしてみようかな」というのがきっかけでweb系の会社に就職したいと思うようになって、「とにかくとりあえずどっか行きたい!!(笑)」という思いで、いろんな企業にエントリーしていました。

2.クックパッドを覗いてみたい!

僕はもともと総合職向けのインターンにも応募していたのですが、その際にGW(グループワーク)面接で人事の方に「総合職の人たちも、プログラミングするよー!」と教えていたいただいて、自分としては総合職と技術職の隔たりが低いところで働きたいと考えていたので、すごく興味が湧きました。

recruit.cookpad.com

3.サービス開発してみたい!

また、そのGW面接の際に、「実際にサービス開発をするインターンもあるよ!」と教えていただきました。自分としては実際の業務に近いところを知りたかったり、サービスを具体的に考える力を身につけたいと思っていたので、改めてサービス開発のインターンにエントリーしました。

 

そして合格をいただきました。

正直受かると思っていませんでした。

今回はサービス開発のインターンに総合職として参加してきました。

recruit.cookpad.com

 

f:id:soccer1356abc:20150915195344j:plain

ランチでの人事部の三瓶さん特製カレーです。めっちゃうまい。

 

 5日間のインターン

・概要

インターン初日の午前中にちょっとした自己紹介大会と「クックパッドにおけるサービス開発」についての講義を受けて、そこから技術職の人とペアを組んでお題に沿って実際にユーザーの課題を解決するサービスを考えていくという流れでした。

具体的には

• ○○は(ユーザー)
• ○○したいが(欲求)
• ○○できないので(課題)
•○○することに価値がある(特徴)

という風に、ユーザーのもつ課題や欲求についても一から自分で考え、それを解決できる特徴を持つサービスを考えていました。

・僕たちが考えたもの

上と同じように書くと

• 小さい子供(1歳半~3歳)のいる30代兼業主婦は(ユーザー)
• 「大人と同じご飯を食べたい」という子供の気持ちに応えたいが(欲求)
• 簡単に取り分け料理を作る方法を知らないので(課題)
•簡単に取り分け料理を作れるレシピやノウハウには価値がある。(特徴)

という風に考えていました。「ん?取り分け料理って何ぞや?」と思われる方も多いと思うのですが、詳しくお話しするとかなり時間がかかってしまうので、今回は省略させて頂きます。結果だけを言うと、僕たちのチームは欲求や課題を明確にしたところで特徴を深堀して提示できずに終わってしまいました。欲求や課題に自信があった分、最後のところで形にできなかったのが残念というか悔いが残りました。

 ・印象に残ったこと

クックパッドは、真剣にユーザーのことを考えてユーザーと向き合う「ユーザーファースト」という考え方を大前提に、ユーザーの抱えている問題を解決することに全力で取り組んでいる企業という印象が強く残りました。「あったら便利なもの」ではなく、どちらかというと「無いと困るもの」に焦点を当てて、中途半端にベターなものではなく、ベストなものを求められている感じがしました。社員さんからのフィードバックでも「それは何を解決しているの?」「そもそもなんでそうする必要があるの?」といったような、鋭い指摘をいくつもいただきました。

あと、これは中身の話ではないですが、オンオフの切り替えがしっかりしている人ばかりだったと感じてます。昼食時には、噂の広くて綺麗なキッチンにたくさんの人がランチを作りに訪れていてすごく楽しそうでしたが、食べ終えるとみなさんしっかり切り替えてパッと仕事に戻ってらっしゃいました。僕も、「やるときはやる、遊ぶ時は遊ぶ」という感じなのでそこは個人的に強く印象に残りました。

 

 まとめてみました

 5日間という短い期間でしたが、新しい考え方と視点を吸収することができて、本当に濃い経験ができました。他のインターン生の中にも、起業している人や人工知能の研究をしている人、他にも何社もインターン受けてます、みたいなマジですごい人たちばかりが集まっていて、「自分場違いじゃね?(笑)」とか密かに思ってました(笑)。ただ、これを機にもっともっと頑張ろうと思えたので、自分にとってはいい刺激になりました。

インターンはここが初めてで、他の企業のインターンにも参加していないので具体的な比較はできませんが、本当に良いインターンだと思います。自分にとっても、このインターンで学んだことは最高に価値あるもので、これからの人生にも色んな場面で活かしていきたいと思います。

企業としてのクックパッドを簡単にまとめると、「ユーザーの問題解決」に対して全力で向き合っている会社だと思いました。ユーザーを第一に考えて「ユーザーファースト」を徹底してきたからこそ、今のクックパッドがあるんだなーと感じました。

 

 

 最後に、、、

ヒーヒー言いながら(笑)も、とても楽しく大変充実した5日間を過ごすことができました。関わってくださったクックパッドの社員の皆様とインターンで出会った他のインターン生の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました!

f:id:soccer1356abc:20150915194705j:plain